AndroidとかiOSとかモバイル多め。その他技術的なことも書いていきます。

ErgoDoxのキースイッチを交換する

最近どうもdが押しにくく、ファームウェアをアップデートしても直らなかったため、キースイッチを交換することにしました。

okapies.hateblo.jp

を参考にやりました。

必要なもの

Cherry MX Black Keyswitch - Linear - 5 pack by Cherry

  • キースイッチを引き抜く器具 ($6.99+送料$15=$21.99=2403円) *1ドル約109円として計算

MX Switch Top Removal Tool (Set of 2) by Mechanical Keyboards Inc

当初↑の記事を読んで100均のクリップを改造すればOKと書いてあったので、キースイッチを引き抜く器具は買っていなかったが、私には難しすぎたので結局注文。送料がもったいない・・・ 海外発送なので届くまでに約1ヶ月ほどかかるので注意。

手順

1.キーキャップを取る

2 キースイッチを取る

f:id:phicdy:20180608194313g:plain

3 ばねとばねについているパーツを取る

f:id:phicdy:20180608194604j:plain

4 新しいキースイッチを分解する

5 新しいキースイッチのばねとパーツをつけ、カバーをする

おわりに

100均のクリップを改造したものでは1時間かかってもキースイッチが取れなかったが、器具を買ってやったら1分でできたので素直に器具を買うことをおすすめします・・・

targetSdkVersion 26でAndroid 2.3をサポートすることのコストの高さ

今年の11月以降、Google PlayにはtargetSdkVersion26(Android 8.0)以上のアプリしかアップロードできなくなる(新規アプリは8月)。

developers-jp.googleblog.com

それでも状況によってはAndroid 2.3をサポートしなければならない場合がある・・・

しかし、古いAndroidをサポートするためのサポートライブラリは基本的には targetSdkVersion のバージョンと合わせなければならず、 26.0.0からminSdkVersion が14(Android 4.0)になってしまった・・・

それでもAndroid 2.3 をサポートする方法

  • サポートライブラリを使わない
  • サポートライブラリ 25.4.0を使う
  • Android 2.3向けとAndroid 4.0以上向けでビルド分け、2.3向けではサポートライブラリ 25.4.0, 4.0以上向けでは最新のサポートライブラリを使う

の3つが考えられるがどれも非常にコストがかかる。

まず1つ目のサポートライブラリを使わない方法。これはGoogleがサポートライブラリで吸収してくれるはずのAPI差分やバグ修正などの恩恵を全て受けられないことになる。OSバージョンをカバーするテスト工数がかさむし、予期せぬバグが発生することが多々起きることが想像できる・・・(そしてバグ修正もつらそう・・・)

2つ目はサポートライブラリ 25.4.0を使う。これがコスト的には一番ましかもしれない。ただ Googleが推奨するように targetSdkVersion のバージョンと合わないため、こちらでも予期せぬバグが起きうる。個人的には、1つ目よりはまだましなのではないかと信じたい。

3つ目が1番安全で、Android 2.3向けとAndroid 4.0以上向けでビルド分け、サポートライブラリのバージョンを分ける方法。これはバグが1番起きにくいし、全バージョンをサポートライブラリで網羅できる。ただし、サポートライブラリ 26.0.0以上から入るAPI(例えば Android 8.0からの通知チャンネル用コンストラクタ NotificationCompat.Builder(Context context. String title) など) を使うとコードを分けなければならない。終わりゆくAndroid 2.3をサポートするためにそのようなコードを書かなければならないのはかなりつらいし、ビルドが2つになって管理・テストもつらい。

NotificationCompat.Builder  |  Android Developers

もうAndroid 2.3をサポートするのはやめよう

もはやAndroid 2.3をサポートする時代ではないと個人的には思う。

Android 2.3は0.3%しかユーザがおらず、そのユーザをサポートして得られる利益が上記のような対策をとるコストを超える場合はないのではと思う(BtoBtoCで包括的な契約だと話は変わってきそう)。

developer.android.com

Googleの各種ライブラリはAndroid 4.0, 4.1以上が当たり前だし、クックパッドは minSdkVersionを21(Android 5.0)にしている。

techlife.cookpad.com

minSdkVersion 21で開発していきたい・・・!

おわりに

スマートニュースは Android 2.2をサポートしているらしいがどうやってやっているのだろう・・・

speakerdeck.com

【Android】リリース署名の設定をプロジェクト外から上書きする

GitHubでソースを公開していてリリース署名の設定をしたい場合、公開用にはダミーの署名を置き、手元ではそれを上書きしたい。かつ git status でnot stagedのところに上書き内容がいちいち出ないようにプロジェクト外から上書きしたい。

gradle.propertiesプロジェクト直下/gradle.properties が先に読まれ、次に ~/.gradle/gradle.properties が読み込まれるためプロジェクト外から値を上書きできる。

app/build.gradle

変数を囲むのはダブルクオーテーションじゃないと動かない。

android {
    ....
    signingConfigs {
        release {
            keyAlias "$RELEASE_KEY_ALIAS"
            storeFile file("$RELEASE_STORE_FILE_PATH")
            keyPassword "$RELEASE_KEY_PASSWORD"
            storePassword "$RELEASE_STORE_PASSWORD"
        }
    }

    buildTypes {
        release {
            minifyEnabled false
            proguardFiles getDefaultProguardFile('proguard-android.txt'), 'proguard-rules.txt'
            signingConfig signingConfigs.release
        }
    }
    ...
}

プロジェクト直下のgradle.properties

dummy-release-keyはapp以下に置く

RELEASE_KEY_ALIAS=key
RELEASE_STORE_FILE_PATH=dummy-release-key
RELEASE_KEY_PASSWORD=testtest
RELEASE_STORE_PASSWORD=testtest

そして ~/.gradle/gradle.properties に本当のリリース署名の設定を書く。

【Android】Toolbarの矢印をタップしたら画面を閉じる

ポイントはonOptionsItemSelected()android.R.id.homeをハンドリングしないと反応してくれない点

class MainActivity: AppCompatActivity { 
        ...

    override fun onCreateOptionsMenu(menu: Menu): Boolean {
        // Inflate menu resource file.
        menuInflater.inflate(R.menu.main, menu)
        return true
    }
    
    override fun onOptionsItemSelected(item: MenuItem): Boolean {
        when (item.itemId) {
            // For arrow button on toolbar
            android.R.id.home -> finish()
        }
        return super.onOptionsItemSelected(item)
    }
    
    override fun initToolbar() {
        val toolbar = findViewById(R.id.toolbar) as Toolbar
        setSupportActionBar(toolbar)
        val actionBar = supportActionBar
        if (actionBar != null) {
            // Show back arrow icon
            actionBar.setDisplayHomeAsUpEnabled(true)
            actionBar.setDisplayShowHomeEnabled(true)
            actionBar.setTitle(R.string.app_name)
        }
    }
}

RxJavaのflatMap(mapper, combine)でリストデータをそれぞれ別スレッドで非同期処理する

例えばRSSのリストがあり、それを別々のスレッドで処理して全部の処理が終わったらUIを更新したいとする。 RxJavaのflatMap(mapper, combine)を使えばリストのデータを1つ1つのObservable/Flowableに変換して処理できる。

まず第一引数のmapper部分でそれぞれのデータを受け取ってObservable/Flowableを作る。 このときsubscribeOn(Schedulers.io())などでスレッドを分けておかないと全て同じワーカースレッドで実行されてしまうので注意。

ArrayList<RSS> rssList = ...
Flowable.fromIterable(rssList)
    .subscribeOn(Schedulers.io())
    .flatMap(new Function<RSS, Publisher<? extends RSS>>() {
                 @Override
                 public Publisher<? extends RSS> apply(RSS rss) throws Exception {
                    return Flowable.just(rss).subscribeOn(Schedulers.io());
                 }
             },

次に第二引数のcombine部分で更新処理を行う

Flowable.fromIterable(rssList)
    .subscribeOn(Schedulers.io())
    .flatMap(new Function<RSS, Publisher<? extends RSS>>() {
                 ...
             },
            new BiFunction<RSS, RSS, RSS>() {
                @Override
                public RSS apply(RSS rss, RSS rss2) throws Exception {
                    Log.d("test", "BiFunction, Thread:" + Thread.currentThread().getName() + ", rss:" + rss2.title());
                    // RSSの更新処理
                    ...
                    return rss2;
                }
            })

あとはUIスレッドで結果を受け取って処理をすればよい。

ArrayList<RSS> rssList = ...
Flowable.fromIterable(rssList)
    .subscribeOn(Schedulers.io())
    .flatMap(new Function<RSS, Publisher<? extends RSS>>() {
                 ...
             },
            new BiFunction<RSS, RSS, RSS>() {
                ...
            })
    .observeOn(AndroidSchedulers.mainThread())
    .subscribe(new Subscriber<RSS>() {
        @Override
        public void onSubscribe(Subscription s) {
            s.request(rssList.size());
        }

        @Override
        public void onNext(RSS rss) {
            // 進捗更新 
        }

        @Override
        public void onError(Throwable t) {

        }

        @Override
        public void onComplete() {
            // 終了処理
        }
    });

全体のコード

Java(ラムダなし)

ArrayList<RSS> rssList = ...
Flowable.fromIterable(rssList)
    .subscribeOn(Schedulers.io())
    .filter(new Predicate<RSS>() {
        @Override
        public boolean test(RSS rss) throws Exception {
            return rss.id() > 0;
        }
    })
    .flatMap(new Function<RSS, Publisher<? extends RSS>>() {
                 @Override
                 public Publisher<? extends RSS> apply(RSS rss) throws Exception {
                    return Flowable.just(rss).subscribeOn(Schedulers.io());
                 }
             },
            new BiFunction<RSS, RSS, RSS>() {
                @Override
                public RSS apply(RSS rss, RSS rss2) throws Exception {
                    Log.d("test", "BiFunction, Thread:" + Thread.currentThread().getName() + ", rss:" + rss2.title());
                    // RSSの更新処理
                    ...
                    return rss2;
                }
            })
    .observeOn(AndroidSchedulers.mainThread())
    .subscribe(new Subscriber<RSS>() {
        @Override
        public void onSubscribe(Subscription s) {
            s.request(rssList.size());
        }

        @Override
        public void onNext(RSS rss) {
            // 進捗更新 
        }

        @Override
        public void onError(Throwable t) {

        }

        @Override
        public void onComplete() {
              // 終了処理
        }
    });

Java(ラムダあり)

ArrayList<RSS> rssList = ...
Flowable.fromIterable(rssList)
    .subscribeOn(Schedulers.io())
    .flatMap(rss -> Flowable.just(rss).subscribeOn(Schedulers.io()),
    (rss, rss2) -> {
        Log.d("test", "BiFunction, Thread:" + Thread.currentThread().getName() + ", rss:" + rss2.title());
        // RSSの更新処理
             ...
        return rss2;
    })
    .observeOn(AndroidSchedulers.mainThread())
    .subscribe(new Subscriber<RSS>() {
        @Override
        public void onSubscribe(Subscription s) {
            s.request(rssList.size());
        }
    
        @Override
        public void onNext(RSS rss) {
                // 進捗更新 
        }
    
        @Override
        public void onError(Throwable t) {
    
        }
    
        @Override
        public void onComplete() {
            // 終了処理
        }
    });

Kotlin

Flowable.fromIterable<RSS>(rsss)
    .subscribeOn(Schedulers.io())
    .filter { rss -> rss.id > 0 }
    .flatMap({ data -> Flowable.just(data).subscribeOn(Schedulers.io()) })
        { _, rss2 ->
        Log.d("test", "BiFunction, Thread:" + Thread.currentThread().name + ", rss:" + rss2.title)
        // RSSの更新処理
             ...
        rss2
    }
    .observeOn(AndroidSchedulers.mainThread())
        .subscribe(object: Subscriber<RSS> {
            override fun onSubscribe(s: Subscription?) {
                s!!.request(rssList.size.toLong())
            }

            override fun onNext(t: RSS?) {
                // 進捗更新 
            }

            override fun onError(t: Throwable?) {
            }

            override fun onComplete() {
                // 終了処理
            }
    })

Macに外付けキーボードをつなげるときの設定

自分用。

環境

  • Mac OS 10.12.6
  • Karabiner-Elements 11.6.0
  • 日本語外付けキーボード

手順

  1. Karabiner-Elementsをインストールする。
  2. Complex Modifications -> Add rule -> Import more rules from Internet(open a web browser) -> For Japanese (日本語環境向けの設定) (rev3)をImport
  3. Complex Modifications -> Add rule -> コマンドキーを単体で押したときに、英数・かなキーを送信する。(左コマンドは英数、右コマンドはかな)をEnable
  4. escキーを押したときに、英数キーも送信する(vim用)をEnable
  5. Simple Modifications -> Target Device: から接続したキーボードを選択 -> Add item -> 好きなキーをright_commandに設定(かなキーとなる)

kotlinのファイルをjacocoのコードカバレッジ対象に入れる

久し振りにjacocoの結果みたらあれ・・・なんか結果がおかしいなとなった。 よく見てみるとkotlinに変換したファイル達がコードカバレッジ対象から外れていた・・・

phicdy.hatenablog.com

以下で対応できた

  • sourceDirectoriessrc/main/kotlin を入れる(全部 src/main/java にあるから必要ないかも)
  • classDirectories$buildDir/tmp/kotlin-classes/<product flavor>Debug を追加

build.gradle

def coverageSourceDirs = ['src/main/java', 'src/main/kotlin']
// A list of files which should be excluded from coverage report since they are generated and/or framework code
def coverageExcludeFiles = [...]
task jacocoTestReport(type: JacocoReport, dependsOn: ['testUiTestDebugUnitTest']) {
    group = "Reporting"
    description = "Generate Jacoco coverage reports after running tests."
    reports {
        xml.enabled true
        html.enabled true
        csv.enabled false
        xml.destination new File("${buildDir}/reports/jacoco/jacocoTestReport.xml")
        html.destination new File("${buildDir}/reports/jacoco/html")
        classDirectories =
                fileTree(dir: "${buildDir}/intermediates/classes/uiTest/debug",
                        exclude: coverageExcludeFiles) +
                fileTree(dir: "$buildDir/tmp/kotlin-classes/uiTestDebug",
                        excludes: coverageExcludeFiles)
    }
    sourceDirectories = files(coverageSourceDirs)
    executionData = files "${buildDir}/jacoco/testUiTestDebugUnitTest.exec"

    doLast {
        println "jacoco xml report has been generated to file://${buildDir}/reports/jacoco/jacocoTestReport.xml"
        println "jacoco html report has been generated to file://${reports.html.destination}/index.html"
    }
}

jacoco: Add kotlin classes to jacoco coverage by phicdy · Pull Request #69 · phicdy/MyCuration · GitHub

参考

vgaidarji.me